プロフィール

よしおかせいこ

両親、妹の4人家族。長女として京都府に生まれる。

宗教3世として育てられる。(父と母、両方の祖父、祖母も宗教活動家)

両親は仕事と宗教活動に忙しく、話題も宗教の話がほとんどで、幼少期から会合に付いて行かされた。毎日正座をしてお経も唱えていた。
宗教組織の人達からは、「良い子だね」「えらいね」といつも言われていた。

この宗教さえしていれば、必ず幸せになる。宗教をやらなければ地獄の苦しみを味わうことになる。頑張らない人には不幸がやってくる。罰が当たる。本気でそう思っていた。

人生は修行である。修行を怠るべからず。という感覚は幼少期からある。友達と遊ぶ約束をしても、会合が入れば断らないといけない。サボることは許されないという空気感があった。


高校卒業後、専門学校を経て就職。

24歳の時に職場の人間関係や、仕事と宗教活動の両立に忙殺し鬱になる。寝れない日が続き、仕事に行けなくなった。

このころから「希死念慮」があることに気づく。思い起こせば学生時代にも消えたい、いなくなりたいという感覚があった。

2年ほどで鬱を抜け出すことができたが、後に再発することになる。


27歳で結婚し仕事を退職。

28歳で長男出産、30歳で次男を出産。10年間は専業主婦。家事・育児・宗教活動に全力投球。徐々に鬱傾向になっていった。

良い母親、良い妻、職場関係や宗教組織の中でも、努力し続けなければならない。何事にも完璧であれ。そんな声がいつも頭に響いていた。

頑張り続けているそのストレスは夫に向いていった。夫が何をしても腹が立つ。時に爆発しそうな怒りが込み上げることもあった。夫婦関係が悪化していった。離婚を考えるも子供はお父さん大好き。私一人の経済力では子供を育てられない。どちらも選べず、ついに限界を迎え自ら人生を終わらせようとする。
そんな時にリトリーブサイコセラピーの存在を知る。


カズ姐さんのYouTubeが全て自分に当てはまった。とても腑に落ちた。自ら人生を終わらせる前に行ってみようという気になった。

初めての電話カウンセリングでは、夫と離婚したいと相談したが、返ってきた言葉は「自分を生きることにOKが出せていないでしょ」だった。希死念慮のことは一切話してないのに見抜かれた。号泣した。そして講座へ行くことを決意する。


基礎コース、応用コースを経て人生が激変した。希死念慮は一切なくなり、夫婦関係も嘘のように変化した。楽しく会話できるようになり、イライラが無くなった。今ではとても大切な人だと心から思えるようになった。


リトリーブサイコセラピーに出会って、現実の問題は幼少期の未完了の問題から来ている。根本解決していくことで、自分が選んでいる生き方を変えることができる。全ては自分なんだ!自分で選び直すことができるんだ!ということを実感した。



私が経験したことを、次はセラピストという立場で、同じような経験をしている方や、生きづらさを抱えて苦しんでる人に伝えたいという思いがあります。

現在、苦しくて辛くて、どうしようもないと一人で悩まれている方。どっちにも進めず苦しんでいる方など、ぜひ一度ご相談いただきたいと思います。

どういう人向けに良いのか

  • 宗教2世、3世の方(家族が宗教をやっている)
  • 夫婦関係、パートナーシップの問題
  • 良い人、良い顔をしてしまう方
  • 自分はダメだと、頑張り続けている方
  • 完璧な自分を追い続けてる方
  • 自分を責めてしまう方
  • イライラが止まらない方
  • ママ友、友人等の人間関係で悩んでる方
  • 子育ての悩み
  • 親子関係の悩み

メディア情報