一般社団法人 日本リトリーブサイコセラピー協会

当協会は2013年9月に発足し、今年で6年目を迎えます。

リトリーブサイコセラピーという心理療法を通じて、より社会に貢献できる専門知識と技術の高い心理セラピストを育成し、またその心理セラピスト達が日本全国で幅広く活躍できる場を提供していきます。

さらに今現在日本社会が陥る大きな問題として、子育て、虐待、いじめ、不登校、ひきこもり、犯罪、自殺、うつ、パニックなど、さまざまな深刻な問題に対しても、当協会では積極的に取り扱い、心の問題がどこから来るのか?どう解決していけばいいのか?について、積極的に国に社会に関わり、広報活動や勉強会、またはセミナーなどを行っていいます。また必要な方にはいつでも専門の心理セラピストをご紹介させていただいております。

>> リトリーブサイコセラピーとは?

各種心理学・心理セラピー講座やイベントの最新情報

1月17日 【会員限定】コラム記事 松村万裕美「『私、失敗しないので』」NEW
1月4日 【会員限定】コラム記事 木村貴子 「世界に愛されるのを待ち続けますか?それとも、自分から世界を愛しにゆきますか?」NEW
12月24日 2018年2月開催【大阪】ゲシュタルトワークショップ 募集開始!
12月24日 【会員限定】コラム記事 垣内満寿美「上手くいった経緯も大事」
12月14日 【会員限定】コラム記事 松本美奈子「失敗がいや、失敗が怖いというあなたへ」
12月6日 【会員限定】コラム記事 古田しほ 「M-1グランプリと恥じらい」
11月30日 【会員限定】コラム記事 松村万裕美「クライアント置き去り事件」
11月20日 【会員限定】コラム記事 木村貴子 「言葉という表現ツールに頼らなくなったとき」
11月15日 【会員限定】コラム記事 垣内満寿美「目ヂカラは凶器!からの変化・・・・」
11月7日 【会員限定】コラム記事 古田しほ 「自分の頭で考えていく」
11月7日 2017年11月開催 大阪公認オープンセッションの感想をアップしました
11月1日 【会員限定】コラム記事 渡辺べん 「『初回』をどうしていますか?」

 

心理セラピスト 大鶴和江からのごあいさつ

〜生きる意味を問われる時代に〜

幸せとは何か?
生きる意味とは何か?
人生とは?
今の日本人全体が抱えている大きなテーマだと思います。

日本は太平洋戦争の後、今まで既存の価値観を捨てて、欧米の価値観を取り入れて、ひたすらに物質主義に走ってきました。
その代償として失われたもの。それは「精神的な豊かさ」という見えないもの。

お金、財産、ステータス、見栄え、高級品、などに表現される「数字で表される価値観」という見えるもの、に意識を向けすぎて、精神性、心、などの、「目に見えないけれど存在する価値観」というものを置き去りに発展してきたのが現在の日本社会です。

続きは「代表理事からのご挨拶」よりお読みください。

日本リトリーブサイコセラピー協会コラム