プロフィール

会社員の一人娘として東京都に生まれる。 父親は海外出張が多く、一年の3分の2の期間を母親と二人きりで過ごす生活を送る。 父親の出張中は、一人で子育てをするという不安と寂しさを感じていた母親から常にストレスをぶつけられ、母親を置いて一人で行動しないように、束縛に近いコントロールを受ける。

母親からは「礼儀正しい、いい子」であることを望まれるものの、母親の望むペースや基準で行動できず、幼少期から常に「グズ」「のろま」「ダメな子」と大声で罵られる日々が続き、自己肯定感が全く育たず、小学校3~4年生の間にいじめを受ける。

「何かにチャレンジしてもどうせ私にはできない」「なぜ生まれてきてしまったのだろう」「この世は容姿や才能に恵まれた人のためにあって、私は脇役だ」と思いながら青春時代を過ごす。大学院修了後に敢えて過酷な労働条件の会社に就職し、音を上げて転職を繰り返し「自分はなんててダメな人間なんだ」と自己否定感を強め続ける。

父親の死後、母親と二人きりの生活を送る中、20代後半で実家から脱出するために出会った人と婚約するものの、破談。人間不信が強くなり、恋愛をしても関係性が深まらず、すぐ終わってしまう、というパターンを繰り返す。 「このままではダメだ」と実家から出て一人暮らしを始めるものの、母親を捨ててしまったという罪悪感に苦しみ、酷い落ち込みを経験する。

そんな自分の状況から、人生に行き詰まりを感じ、リトリーブサイコセラピー®に出会う。

リトリーブサイコセラピー®の講座を受講し、セラピーを受ける中で、自分を苦しくしている原因は自分の中にあることに気付く。 また、それまで感じないようにしていた怒りや恐怖といった感情を解放していく中で、生きづらさや常に持っていた不安が解消し、出来事に対する自分の捉え方、人間関係にも変化が生じる。

現在は東京・神奈川を中心に活動している。

どういう人向けに良いのか

  • 生きづらさを感じている方
  • 自分主体の人生が生きられない方
  • いつもイライラしてしまう方
  • 自分に自信が持てない
  • 自分を好きになれない方
  • 人間関係で悩んでいる方
  • 親子関係で悩んでいる方
  • いじめ体験に苦しんでいる方

メディア情報