協会公認セラピスト 白鳥大介

プロフィール

北海道札幌市で長男として誕生。小さい頃から身体も弱く、幼稚園から小学校低学年頃まではいじめられっ子。私生活もだらしがなく注意散漫、絵に書いたような劣等生で怒られてばかりの幼少期を過ごす。

小学生の頃には両親の離婚も経験。共働きで、かつ、不仲な両親のいる殺伐とした家の中で育ったせいかいつも何かに怯えており、不安や寂しさを爪噛みやボーっとして意識を飛ばすことで紛らわせてきた。

その後、成長するにつれて「生まれてこなければよかったのに。誰にも迷惑をかけることがないならいっそのこと消えてしまいたい」と思うようになり自己否定感は膨らむばかり。無気力になって何もせずに引き籠っていた時期も多々あり、頑張れない自分を責め続ける日々が続く。

また、人に認められたいという欲求にいつも飢えており、人を求めて近づきたいと思っている反面、人が怖くて顔色ばかり窺ってしまい、自分からは近づけないし避けてしまうというジレンマをいつも持っていた。

そんな自分を払拭するためか中学時代からはロックやバンドに没頭。大学卒業後はプロミュージシャンを目指し、ライブハウスでアルバイトをしながらバンド活動をして生計を立て過ごす。自信のない自分を隠し、存在理由を求めるために必死で頑張り続けたが、頑張っても頑張っても報われない生活にとうとう嫌気がさし限界をむかえ、30歳を目前に夢半ばに挫折。

心機一転、就職を決意しサラリーマンに。別の道で生きがいを見つけ頑張ろうと意気込んでいたが、この頃から原因不明の吐き気と不眠、急激な体重減少、そしてうつ状態に。とうとう身体も思うように動かなくなり、病院で「適応障害、急性ストレス反応」と診断され退職する。またこの頃から人間関係にも大きく影響が表れ、孤独感と死にたいという絶望感だけが残る。

これをきっかけに自分の生き辛さの原因を知るために最後の力を振り絞って読書に明け暮れ、初めて心理学の門を叩く。その後カウンセリングなどを受け、その紹介でカズ姐さんと出会い、リトリーブサイコセラピーを学び始める。

リトリーブサイコセラピーを通して自分が癒され人生が劇変するのを体感し、心理学の面白さに目覚め没頭。心理セラピストになることを決意し、2016年から本格的に活動を開始。現在は拠点の札幌をはじめ、東京などでも個人セッションを行い、多くの人の心の問題の解決のサポートに取り組んでいる。

どういう人向けにいいのか?

家族関係や人間関係に悩んでいる人。
対人恐怖がある人。
頑張りすぎてしまう人。
漠然とした生き辛さ、不安や恐怖を抱えている人。
トラウマやうつなど。