協会公認セラピスト 久保木淳子

プロフィール

私は千葉県成田市郊外の田舎町に 7 人家族の末っ子として生まれました。
仕事や農業で忙しい両親と祖父母。そして姉と兄。
家族は多いのに家には誰も居なくて寂しい幼少期を過ごしていました。
ひとり遊びが得意でした。

いつも大人が怒り・争っている居心地の悪い家族の中でこれ以上の争いや怒りが自分に向けられることがないよう
笑って家族のバランスを保っていました。でも早く大人になってこの家を出たくて仕方がなかったです。

唯一遊んでくれて関わってくれ、困った時に助けてくれたのは祖父でした。
大好きだった祖父が病気で亡くなった数か月後、私はこの家から居なくなりたい、死にたいと初めて思いました。
まだ私は小学 4 年生でした。
初めて『死』を意識し、死んだら人はどうなるのか、どうやったら簡単に死ねるのかそんなことを考えていました。

大人になると遊ぶ友達も沢山居て、仕事も恋愛もして普通の平和な生活をしているように見せかけていたが、反面ではギャンブル依存・恋愛依存に陥っていました。

徐々に人に会う事が面倒くさいと避けるようになり、依存症は悪化していった。
お金が尽きてギャンブルが出来ない時や恋愛がうまくいかない時は生きる事が面倒くさくて仕方がなかったです。

結婚出産後は、子供との生活が苦しくて泣き声が怖くて、子育てが出来ないダメな母だと自分を責め、イライラする気持ちを抑えきれずに夫を責め、子供を責めていました。このままではダメだと思いながらも自分をコントロールすることは不可能でした。

そんな時カズ姐さんのブログからリトリーブサイコセラピーを知りました。
心理を学びながら、セラピーで体感を通して過去の傷を癒すことで
失っていた自分自身を少しづつ取り戻していきました。

そして生きる事そのものが楽になっていきました。

人を避ける生き方から家族や信頼できる人と心で繋がっていきたいと強く思うようになりました。

現在は千葉県と東京都で心理セラピストとして活動しています。

★ 心理セラピストの素顔に迫る! 一問一答

●趣味について
YouTubeで手抜き家事の研究をすること

●休日は何をしているか? 
ダラダラ過ごす
ラーメンを食べに行く

●尊敬する人物は
小学生の頃の校長先生

●好きな言葉や座右の銘
全力を尽くせ

●子供の頃なりたかった職業
職業ではないけれど大人になりたかった

●何をしていると幸せを感じるか?
美味しいものを食べている時
お布団に入った時

●自慢できるものはなに?
カップラーメンのお湯を目分量でピッタリの量を沸かせます

●みなさんへのメッセージ  
こんにちは。千葉県の心理セラピストくぼきじゅんこです。
苦手な家事に追われながら2児の子育て真っ最中です。
人はいくつになっても成長できることを私はリトリーブサイコセラピーを通して知りました。
自分が自分を諦めなければ変化していけることをリトリーブサイコセラピーで沢山の人に体感して欲しいです。