協会公認セラピスト 橋屋奏古

プロフィール

父、母、祖母、弟、の5人家族の長女として育つ。

祖母と父の共依存が中心の家庭で父親の破壊的な生き方の精神的支えや愛人問題で幼い頃から30年悩み続ける。母親のストレス、怒りも受け入れ母親との関係性はいつも悪い子共時代をおくる。

家でも学校でも安心する居場所がなく高校生の頃には生きる意味が分からず夢も描けず死にたいと強く思うようになる。恋愛もうまくいかずDVやギャンブル依存性の支えてとしての立場で恋愛し破局を繰り返す。成人してからも親元を離れられず自己否定や劣等感で自分は何をやってもダメ、個性も才能もないと落ち込み自分自身に絶望しながら輝く人に憧れを抱く。

結婚、妊娠を機に体調不良で入院した事をきっかけに実家の家族と絶縁。出産後、不安定な精神状態がベースに、子どもが自分に笑いかける姿をみるたびに胸が苦しくなったり、強い罪悪感を感じ、自分に何が起こったのか?生きる意味は何なのか?もう限界、どうやって生きていいか分からない…とヒューマンエラーが出た時、リトリーブサイコセラピーに出会い衝撃を受けると同時に今までの息苦しかった謎が全て繋がり解ける。

自分が癒されひとつひとつ解決していくプロセスの中で自分の感情や生きる喜びを取り戻していく。セラピーの中で自分の心が癒えていくと現実の親子関係や人間関係も自然と改善していく奇跡のような事実を何度も経験する。

心が、身体が、根底から回復していく、冷え切った命が再生するリトリーブサイコセラピーに絶対の確信をもって提供しています。

★ 心理セラピストの素顔に迫る! 一問一答

●趣味について
音楽、ダンス、旅行、調べる事

●休日は何をしているか? 
家族と遊ぶ、のんびりする、ドライブ、調べ物をする

●尊敬する人物は
胸熱な人、自分に嘘をつかない人

●好きな言葉や座右の銘
I trust you, you trust me

●子供の頃なりたかった職業
スチュワーデス!!←制服の帽子にすこぶる憧れた!

●何をしていると幸せを感じるか?
夜のルーティンを終わらせてツルツルの毛布や布団に
娘とダイブする時。

●自慢できるものはなに?
車庫入れ!(一発できめます)

●みなさんへのメッセージ  
京都で活動しています。橋屋奏古です。夫と娘と3人で暮らしています。
自分に正直に受容するほど人は緩んで天然になって個性が出て面白くなるなと思います。今どんな状態でも構わない。今ここから自分が変わっていける成長という胸熱を一緒に育んでいきたいなと思います。
よろしくお願い致します。