協会公認セラピスト 藤本あ礼

プロフィール

はじめまして。藤本あ礼です。

私は、1975年、東京に二人姉妹の長女として生まれ、両親共に教員の家庭で育ちました。

物心ついた頃から親は不仲で、私が19歳の時に離婚しました。

赤ちゃんの頃から過敏だったらしく、お医者さんに「お子さんは自閉症になるかもしれない」 と言われたそうです。
この話を、幼少期から呪文のように聞かされてきたので、気づいた時には、自分が障害を持っているような感覚がありました。

両親のケンカを目の当たりにすることが多く、自分の家が壊れて、いつか無くなってしまうのではないか? お母さんがいなくなってしまうのではないか? という恐怖を感じていました。
家族団欒とか、温かい家庭は想像できなかったけれど、強く憧れがありました。

そういうこともあって、幼い頃から人見知りが激しく、中学からは対人関係に不安を感じるようになり不登校気味に。

高校は出席日数ギリギリで何とか卒業しましたが、その後、1年近く引きこもりになりました。
生きている意味がわからない、苦しい暗黒時代でした。

対人関係の問題は、その後、異性関係で顕著に現れます。
見捨てられるのが怖くて、相手に尽くしてお世話をするパターンを繰り返しました。
自分の気持ちをわかってもらえないと感じると、こんなにやっているのに!と怒りを爆発させる面倒くさい女だったので、36歳の時、結婚を目前に婚約者と破局してしまいました。

この時に、やっぱり何をやっても私の人生は上手くいかない、と奈落の底に落ちました。

この絶望のさなか、ヨガの瞑想に出会い内観というか、自分の心と向き合う機会を得ました。その中で、あー私は両親との関係を癒す必要がある…と確信しました。

その後、大鶴和江氏によるリトリーブサイコセラピーに出会い、親との関係や自分の問題と深く向き合うことをしまして、現在に至ります。

自分自身を自由に表現して生きて、幸せになることが家族を裏切るような罪悪感があったこと、その罪悪感を持ち続けることで、大人としての自分の責任から逃げていたこと、様々な気づきを得て心を癒していきました。

その結果、コースを受講中に今の夫と結婚をすることができ、幸せな家庭を築いています。
子どもの頃は、幸せな夫婦、幸せな家庭というのはあるはずがない!と信じていたので、本当に人生が180度変化しました。

現在は、講座などのアシスタントをしながら、山梨県・東京で個人セッションをしています。
よろしくお願いします。

★ 心理セラピストの素顔に迫る! 一問一答

●趣味について
瞑想(インドに何度も瞑想をしに行きました)、映画・音楽鑑賞

●休日は何をしているか? 
勉強会に行ったり、家族や友人と過ごす

●尊敬する人物は
自分の心と向き合っている人

●好きな言葉や座右の銘
自分を生きる

●子供の頃なりたかった職業
医者、先生 (人を助けたかったから)

●何をしていると幸せを感じるか?
家族や友人と、どうでもいいことで笑っているとき

●自慢できるものはなに?
もともと、あん摩・マッサージ・指圧師なので、マッサージが得意です

●みなさんへのメッセージ
上手くいかないことを、いつも誰か・何かのせいにして生きてきたけれど、すべて自分が選んできたことだと腑に落ちてから人生が変わりました。生き方がわからない人の道標に少しでもなれたら最高だなと思います。皆さんとともに協会を盛り上げます!