協会推薦セラピスト 菅原美奈

プロフィール

宮城県の沿岸部に第二子として産まれる。父、母、2つ上の姉、父方の祖母と暮らす。高校進学で実家を離れる。

いつも「自分は何をしているんだろう?」「何をしたいんだろう?」 と居場所を探し底知れぬ空虚感を感じる。 苦労する道しか選べない自分。(19歳~25歳 過食嘔吐。子宮頸癌、卵巣膿腫、子宮筋腫など)

彼氏と一緒に住むが両親の不仲より結婚に対する希望はなく同棲生活を続ける。そのうちワーカーホリック(借金の肩代わりなど…) 2007年父親がアルコール依存にて精神科に入院し、アダルトチルドレンや依存症、共依存など調べまくる。

34歳の時に妊娠を機会に出産結婚(38歳第二子出産) 子育てで夫婦間に思うようにならないイライラが募る。
2011年東日本大震災で実家の町がなくなる。震災後、両親が離婚。 震災後、母と一緒に暮らしはじめるが、ときどき違和感を感じる。 得体の知れない“怒り”に自分が爆発してしまいそうで、メンタル系のブログを読んだり本を読んだり。

2014年“カズ姐さん”のオープンセラピーに参加。 強い吐き気と頭痛で涙が止まらず『自分の今までの人生の生きづらさ』には“無意識の仕組み”があって癒すことができることに気づく。その後自分だけでどうにかならないか?ともがいていたが、これはプロに手伝ってもらい自分と向き合うしかない!と決意、講座を受講する。※自己否定、罪悪感が強く、反抗的に生きるなど自分の問題と向合う日々。
その後講座アシスタントを経験。

心理をより深く学び、自分と向き合い気づく事が自分軸につながり“癒し”となり家族にも広がっていくことを実感。子育て、夫婦のコミュニケーション、母との関係など 日常の生活を通して“自分の人生を生きる”“幸せ”ということを感じられるようになる。

どういう人向けにいいか

・漠然とした生きづらさを抱えている方
・子育てでイライラが爆発してしまう方
・夫婦間のコミュニケーションに問題がある方
・どこにいてもここに居ていいと思えない方
・いつも不安を抱えている方
・言いたい事が言えない、断れない方
・いつも問題を抱えている方

メディア情報