協会推薦セラピスト 二村恵子

プロフィール

名古屋生まれ、名古屋育ち。
会社員の父、専業主婦の母のもと、ごく一般家庭の次女として産まれる。

幼稚園児の頃から祖母に「人の顔色ばかり見ている」と言われるほど周囲の大人や友人の態度や言動に合わせていた。その結果、自分が何をしたいのか、何を感じているのかがわからず、人の合わせる生き方を選んできた。
しかしその生き方に生き辛さも感じており、小学生の頃から「なぜ人は生きるのか。私という人間は失敗作だ」と自己否定の思いが強かった。

21歳の時にふと感じた寂しさをきっかけに摂食障害となり、食べることで満たされ、吐くことで自分の中にためている思いを吐き出して自分を保っていた。

人に必要とされることが必要で看護師となったがどんなに努力しても自分を認めることが出来ず、「まだ足りない」と足りない部分を埋めるように生きていた。
努力で仕事や友人関係はうまくいっていたが恋愛は努力してもうまくいかず、35歳の時失恋を機に、強迫性障害になる。
そんな時にリトリーブサイコセラピーと出会い、今までの悩みがすべて繋がっていることを知り衝撃を受ける。

問題1つ1つを解決するのではなく、それらの問題の根本を見つけ解決していくリトリーブサイコセラピーを受けた結果、14年間続いていた摂食障害が自然と収まり自己否定感も薄まって自分が何をしたいのか、何を感じているのかを感じられるようになりリトリーブサイコセラピストを目指すようになる。

現在は名古屋市内でリトリーブサイコセラピーを提供している。

どういう人向けに良いのか

  • どうしたい?何がしたい?と聞かれるのが苦手な人
  • 「どうせ無駄」と思って諦めているけど諦めきれない人
  • 嫌なことが起こっても前向きにとらえようとして頑張ってポジティブシンキングになろうとする人
  • 完璧な自分になろうとして完璧目指して頑張り続けてしんどい人
  • アドバイスを非難と受け取ってしまい落ち込み過ぎてしまう人

メディア情報