協会推薦セラピスト なかのあやこ

プロフィール

兄が2人の、末っ子の女の子として産まれる。 女の子は家と母親の役に立つべき!という祖母と母。 強烈な共依存関係に疑問も持たずに育つ。 ピアノ教師であった母の、弾けて当然、なんなら音大に入れという期待の中、思うように上達せず挫折し「そんな期待はずれの娘はいらない」と母に心理的に捨てられる。 以降、その挽回のため受験勉強・仕事に猛烈に自分を駆り立て、母に認められる自分、他人からみて完璧な自分を全力で作り出す。 しかし、内心は強い自己否定と希死念慮にとらわれ、過食嘔吐を繰り返し、10代後半から20年も廃人のように生きることになる。

実家から逃げるように結婚したまではよかったが、出産し育児が始まったことで、これまでの心理的な問題がいっきに噴き出す。 思うようにならない子どもに怒りをコントロールできない日々の中、ついに手をあげて子どもに怪我をさせてしまう。 愛しているのに、愛し方も分からない。 自ら傷つけた子どもの前で、悲しみ怒り狂う猛獣のような自分に絶望した。 やはり自分なんて死んだほうがマシだと思う毎日。ふとしたきっかけで大鶴和江氏のブログを読み、【この人の言っていることは真実だ。最後にこの人に会ってみよう、死ぬのはそれからでも遅くない】とついに自分を救い出す決意をする。

セラピーを受け、心理を学び、その中でたくさんの仲間と癒しを得たことにより、自分を大切に思い、自分の人生を生きる喜びを感じられるようになった。 現在は子どもに怒りが噴き出すこともなく、心から愛おしい存在として穏やかに接することができている。 自分にどんなに絶望しても、必ず希望を取り戻すことはできる。 自らの体験から、確信をもってそういえる。 一人でも多くの人に、生きたい人生を生きてほしい。 そんな思いで活動しています。

どういう人向けに良いのか

  • 摂食障害(過食嘔吐、拒食症)
  • 育児の悩み(子どもを愛せない、イライラが止まらない)
  • 対人恐怖
  • 自己否定
  • 完璧主義
  • 母子共依存
  • 死にたい

メディア情報