協会推薦セラピスト 中川ひろゆき

プロフィール

どうもこんにちは!
「秋田の心理セラピスト・なかちゃん」こと、中川ひろゆきです。

僕は秋田県内で父、母、妹、祖父、祖母の6人家族の中で長男として育ちました。田舎によくありがちな「人」よりも「家」「家系」が優先される家庭でした。僕は等身大の自分ではなく、「家」の跡継ぎとして期待される自分を生きて来たため、「ありのままの自分には価値がない」「何かができないと自分には価値がない」といった自己重要感の問題を抱えることになりました。

また、祖父母から母への言葉の暴力が絶えない家庭の中で、父が不在であることが多かったため、僕は「自分が母を守らなければならない」「自分がこの家を支えなくてはいけない」と必死に家族の「支え手」「バランサー」の役割を演じてきました。そして、安心安全な感覚を得られない家庭環境の中で「誰も自分を助けてはくれない」「自分は結局ひとりだ」「自分は無力で無価値だ」という感覚を強く持つようになりました。そしてそれらの感覚を感じないようにするために、自分の感情や感覚を切って自分を駆り立てながら頑張り続けるということを続けていました。

30代後半になって、「自分を生きている感じがしない」という頼りなさと、自分の人生が年齢を重ねるにつれて行き詰まっていく感覚があることに強い不安を覚えていた頃、カズ姐さんこと大鶴和江氏が開発したリトリーブサイコセラピーに出会いました。リトリーブサイコセラピーでは、心理の知識や考え方を思考のみで理解するのではなく、自分の感情・感覚を丁寧に扱って腑に落としていくというアプローチを学び、自分は自分の感情・感覚を切っていたために人生が行き詰まっていることに気づくことができました。

リトリーブサイコセラピーの基礎コースから応用・実践コース、そしてハイパートレーニングコースへと進み、そして何度もセッションを受け、自分との向き合いを続けていくうちに次第に自分の感情・感覚を取り戻し、自分の中にエネルギーが蘇ってくる経験をしました。「リトリーブ」とは、自分が本来持っているものを取り戻す、回復させるという意味です。生きづらさに苦しんでいる方が、本来の自分が持っている心の輝きを取り戻すサポートができたら嬉しいです!

どういう人向けに良いのか

  • 長年生きづらさを抱えている方
  • 自己否定に苦しんでいる方
  • 無力感や無価値感に苦しんでいる方
  • 頑張りすぎて消耗してしまう方
  • 家族や職場での悩み
  • 男性の悩み

メディア情報