2017年11月開催 大阪オープンセッションのご感想

2017年11月に大阪にて開催された公認セラピストによるオープンセッションに参加された方々のご感想です。

A.Nさん

回避に自分も当てはまると思いました。
親との事を解決しないといけない課題なのだと思いました。
それは、あの頃の親ではなくて、今このわたしの中にあるあの親なんですね。

ずっといい子で来ました。怒りと不安を抑え込んできました。
去年から母の介護が必要となり、べったり甘えてくる母に違和感を覚え心理関係の本を読み始め、今日ここに辿りつきました。
少しづつでも変わっていきたいと強く思います。ありがとうございました。

K.Sさん

人間関係の問題は、生きている限り必ずだれもが抱えている問題なので、今日の講座はとても興味深かったです。
幼少期に抱えている未完了の感情や感覚を完了していない限り、ずっと持ち続け問題になっていること。それが、それぞれに相互作用して関係が悪化している事に気づけて良かったです。
子どもの親を思う気持ちのけなげさも、セッションをみているといつも切なさを感じています。


T.Sさん

ブログを読ませて頂いて、NLPの学びを深める為にオープンセッションを受けました。
自分自身も言いたいことが言えず、溜め込んでしまう性格で、溜めて溜めて爆発して関係を壊してしまったこともあり、問題解決に向けて学んでいくうちに親子関係の深さ、自分が抱える根底のそこにあるのだと思っていたので、深い学びがありました。

K.Mさん

クライアントさんの状況を丁寧に寄り添いながらも問題については気づきを得るように働きかけていて、さすがだなと思いました。
カズさんのできない事は、できないときちんと伝えることができている姿が誠実さが伝わると思いました。

匿名希望さん

何故、目的や目標に向かって達成できずに諦めてしまうのか。
社会人になった息子たちをしがまえてしまうのか。
いい人でいるのか。私の親子関係からだと分かった。

前回も大阪1DAYを受講しました。カズさんの説明がとてもわかりやすい言葉や例えでお話してくださるので、すごく納得できるので、今回も受講しました。ありがとうございました。

オープンセッションを2本見させて頂いて、親からの愛や育て方や親同士の関わり方が引き継がれ、生きづらさを産んでいる。根深いと思いました。


二村恵子さん

子供が親を思う気持ちの強さを改めて感じました。
きちんと自分の想いを伝える事、嫌なものは嫌だという事。
好きな物、欲しいものを伝える意志をしていきたいと思う。
その時に感じる恐怖もしっかり感じながら、その恐怖がどこから来るのかを見つめていけるセラピーをしたいです。
世界中に回避の多い事を身を持って知った。
その生き方で得ているものが多いが、そこなっていることも多いので、それを取り扱えるセラピストになり、明日に希望を持てるセラピーをしていきたい。

T.Sさん

子育ては自分の恐怖と不安を本当に表す。
確かになぁと思うことが多々ありました。
正しい子育てなんてありえませんと言われて嬉しかった。

M.Yさん

午前中の講義を忘れてしまうほど、迫力のある公開セッションで驚きました。
わたしも10年くらい前に、このようなセッションがありましたら受けてみて
おもいきり泣いて抱きしめてもらいたかったです。
カズ姐さんの男らしさと美奈子さんのかけ合いが楽しかったです。
ありがとうございました。


他にもたくさんの感想をいただきました。
ありがとうございました!

セミナーイベントページに戻る