2016年4月開催 東北 出版記念講演会・公認心理セラピストオープンセッション

小松みどりさん

とても貴重なお話有難うございます、とても奥が深いなぁと思いました。
自分を改めて見直す良い時間とともに、人への感謝の気持ちをもっと持てたらと反省もしました。

それと特に気になったのは、日本がモンスター化してるという話でした。幼稚な事がかわいい、カッコ良いと勘違いしてる人達が増加してる様に思います。人に注意されたり指摘される事を受け入れられず、会社をすぐ辞める人達が多い中、とても重要な問題であると改めて考えさせられました。自分一人が大変だと勘違いしていた様に思います。

自分を大切に、そしてまわりの人達への思いやりの気持ちが持てたら、もっと充実した一日一日を過ごせるのかなぁと思います。

Y・Aさん

はじめて参加しましたが、カズ姐さんのパワーに元気をもらいました。
セッションも、いつもは泣くのをこらえてしまうので、感じたままの姿で拝見しました。
シンクロする部分もあり、とってもスッキリしました。
本当にありがとうございました。

R・Fさん

ずーっとモヤモヤしながら生きてきました。
なんてうしろむきなんだろーと。
気功やスピリチュアル的なことに答えをみつけだそうとしてみたり、まとはずれな本を読んで自分に気合いを入れてみたり、、、どれも違ってました。
やっとみつけたーーーー!コレだっと言った感じです。
セッションを見て、今までの家族(嫁姑、とくに母親に、夫婦間、3人きょうだいのまん中など)から、いらないものを背負わされてたんだとあらためてわかりました。
只今7才2才の子育て中なのですが、これもまた影響出てるんだと、これから私が解決しなくてはいけないと強く思いました。7才のお姉ちゃんが心配です、私と同じになってほしくないです。


S・Hさん

おどろきました。こんなにも人の心の問題がいりくんでいるものだなんて、、、。
苦しみの根っこは本人が意識している別のところにあったり、、、。
これから「心」のことを学んでいきたいと思っていますが、あまりの深さにたじろいでいる自分がいます。
心理セラピストの人は「すごい!!」の一言です。
ありがとうございました。濃い一日でした。
最後に、本当にありがとうございました。

匿名希望さん

自分も子どもがいて、育てている真っ最中の中、親子関係を見つめるのは不安が募る場面も多かった。
まだ間に合うかな、、、とかすかな望みを持ちつつ、自分の感情に向き合っている状態はとても苦しかった。
目の前で苦しんでる子どもは、まさに自分の子どもと重なって、、、やはり不安。つまりは、子どもからの評価=他人軸で生きている自分、、、。混乱、、。セッションを見て気になったのは罪悪感について。罪悪感と自分の居場所の関係を感じ直してみたい気がした。
人生脚本の見直し、しみ込んでいるらしいパターンを見つめ点検する、いい切り口だと感じた。パターンをくずしてみたい気がした。

お父さんとお母さんの問題だよ、(あるいはお母さんと他の立場のものの関係性の問題だよ)というのも、自分の子どもに対してストレスをぶつけない、自分にストップをかけられるキーワードになると思った。


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!