お客様の声 詳細

◆ 典子さま (40代 女性 会社員)

1.セラピーを受ける前、どのようなことに悩んで、どんなことを求めていましたか?

癌になって、今まで親しいと思っていた友人達と「家族」ではないことに気がつきました。
そして、あるはずの温かい関係も見えなくなった。
自分を保てなくなってきたので、せめて「平気なふりができる自分」に戻りたいと思った。

2.リトリーブサイコセラピーを受けようと思ったきっかけは?

信頼できる方からのご紹介。

3.セラピーを受けて、良かったことを教えてください。

仕事以外は寝たきりになってしまうような生活から、やりたいことに飛び込んで行く自分に。

「平気なふり」をしても誰も幸せにならないという気付き。
今の私はまだ恐怖が強くてちょっと挙動不振だけど、温かい友達の存在も、楽しいこともたくさん感じることができます。

4.その後の変化はなにかありますか?

「その後」の気付きは今も続行中。
とにかく呼吸が楽になったこと。
薬を飲んでも治らなかった、夜中の途中覚醒がなくなったこと。
風景が新鮮に美しく見えたこと。
(実際視力も上がった)
電車内で目をつぶれるようになったこと。
人の不機嫌な声に過剰反応しなくなったこと。
緊張する場面、心が動く場面で「平気なふり」をしないと、その後で吐いたり下したりしない。(そうなるのがあたり前と思っていました。)
手術が必要な病気だったけど、症状に改善があり治療方針を改めることになりました。

5.リトリーブサイコセラピーを人にすすめるとしたら、特にどのような点をおすすめしますか?

現実に変化がおこります。
セッションルームで癒されるのではなくて、自分の感じ方が変化することで日常に癒される。

6.その他、ご感想やメッセージがあれば、どうぞ教えてください。

感情をのみこまないと、他のものも、こんなに楽しいのかな?
もっともっと楽しいことに出会いたいです。

お客様の声 一覧に戻る