自分の人生にラベルをつけない

こんにちは。
東京・神奈川で活動している心理セラピストのヤコーヒロコです。

2021年も暮れようとしていますね。
皆様にとって、今年はどのような年でしたでしょうか?
「いい年」でしたか?
「辛い年」でしたか?
それとも「停滞していた年」でしたでしょうか?

今日はこんな風に「ラベルを付ける」お話しをしたいと思います。
----------

会社員のS美さんは、威圧的な両親に育てられ、早く自立したいと学生時代から思っていました。
親を喜ばせるために頑張って勉強し、いい大学を卒業し、一流企業に就職しました。

実際に社会人生活が始まると仕事が思った以上に忙しく、実家から通勤することが体力的にも厳 しくなってきたため、一人暮らしをすることにしました。
いざ、一人暮らしすることを決めると、両親のことが気になり始めました。
なぜなら、両親は不仲で、いつも言い争いをするか、お互いを無視し合うようなことを繰り返し ているからです。

私がこのまま実家を出て行ってしまったら、両親はどうなるんだろう…

一方で、S美さんは一人暮らしをすることで、実家に流れる緊張した空気感から離れたい、という 気持ちも持っていました。

そんな気持ちを持ちながら、実際に一人暮らしをし始めるとS美さんはある感情に襲われました。

「両親を見捨ててしまった」という強烈な罪悪感です。

この強烈な罪悪感に苛まれたS美さんは心療内科やさまざまなカウンセリング、セミナーなどに足 を運びこのような証拠集めを始めました。

「私は愛着障害だから、親とうまくいかなくて当然なんだ」
「私はアダルトチルドレンだから、こんな辛い思いをするんだ」
「私はHSPだから、親の気持ちが自分に入ってきて苦しくて、耐えられなくて当然なんだ」

----------

さて、S美さんの話を読んで、あなたはどう感じましたか?

リトリーブサイコセラピーの電話カウンセリングにもこのようなご相談をいただくことがたまに あります。

「私は回避性愛着障害ですよね?」
「親が毒親なのが原因ですよね?」

などなど。

リトリーブサイコセラピーの電話カウンセリングの目的は問題整理です。

「あなたの心の中でどんな反応が起こっているのか?」
「その原因はどこにあるのか?」

ここを明らかにしていくことです。
でも、お悩みを持っているクライアントさんをに
「あなたはアダルトチルドレンですね」
「あな たは愛着障害ですね」
とラベルを付けて終了ということはありません。

あなたは愛着障害ですね
毒親育ちですね
複雑性PTSDですね
HSPですね

という自分自身に対するラベルを求める気持ちがあなたにあるとしたら、そのようなラベルを付 けてもらうことで、どんないいことがありますか?

S美さんの場合、一番問題なのは、様々な場所で

「あなたは○○です」

と自分にラベルを貼ってもらって、頭では納得しているにも関わらず、自分の中の

「私は親を見捨ててしまった」

という罪悪感は消えないどころか、どんどん大きくなってしまっていることです。
焦点を当てるのは、S美さんが「毒親育ち」だったり「複雑性PTSD」だったり「愛着障害」だったりすることではなく、

自分の中の消えない罪悪感

つまり

自分は親のそばにいて二人の仲を取り持ち、両親を幸せにしなければいけない
それができない自分は価値が無い、申し訳ない存在だ

と思っているというところです。


この思い込みを握りしめ続けていては、どんなに理屈で納得したとしても、自分を罪悪感で苛む感覚は消えないのです。

自分の人生をカテゴライズして、

「私は愛着障害だから、恋愛がうまくいかないんだ」
「私は毒親育ちだから、こんな酷い人生を送っているんだ」
「私はHSPだから、人にどう思われるか気になりすぎて辛い」

と、現状に説明を付けることで、どんないいことがあるでしょうか。

たしかに、今現在辛い、苦しいのには理由があり、その源流に「毒親」や、親との関係性から「 愛着障害」の状態になっているということはあります。

それは「今現在の状況がそうだ」ということであるのに、「だから人生終わった」的に考えるの は短絡的です。

大人であれば、人生をどのように送るか、どのように生きていくかは自分で決められるのです。

自分の悩みの理由、根本原因を知ることは大切です。
それを踏まえて一番大切なのは、自分がどんな気持ちでどう生きていきたいのか、自分を癒すた めにはどうすればいいのか、何に取り組めばいいのか、というところをじっくりと自分に問いか けることです。

この年末年始でじっくり自分と向き合う時間を持っていただけたらいいな、と思います。 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

皆さまの新年が明るく開けたものになりますようお祈りしております。

コラム担当者の紹介:協会推薦セラピスト 

【神奈川県】ヤコーヒロコ

神奈川県横浜市
【対面セッション】男性・女性受付可

HP:https://yakohiroko.com/

>> ヤコーヒロコさんの詳細を見る