暴力だけが虐待じゃない!心理的虐待による問題と影響

こんにちは。
東京・神奈川で活動しています、心理セラピストのヤコーヒロコです。

本日は、親に手は挙げられていないけれども、深刻な心の傷を負うケースのお話しをしたいと思います。

よく、心理セラピーの現場で「私は親に殴られたことが無いので、虐待はされていないんです」とおっしゃる方がいます。

果たして、そうでしょうか?

もし、あなたが

「お前なんか生むんじゃなかった」
「かわいくない」
「いらない」
「バカだ」

などと親から酷い言葉を投げつけられた経験があるなら、それは心理的虐待です。
心の痛みはトラウマとして刻まれています。

心理的虐待とは

一般的に「虐待」と聞くと、昨年、子供が犠牲になった痛ましい事件に象徴されるような、親から子に対して殴る蹴るから始まり、暴力の限りを尽くすようなものを想像する方も多いかもしれません。

これは「身体的虐待」と呼ばれています。

これに対して、冒頭に書いたような親から子への暴言などは「心理的虐待」と呼ばれています。
暴言だけにとどまらず、無視や兄弟間差別など、様々なものがあります。

この「心理的虐待」は身体に跡が残らないため、他者からはわかりにくいのですが、子供の脳には深刻な影響を与えると言われています。

脳科学者の友田明美氏によると、心理的虐待のうち暴言などの不適切な言葉を親から浴びせられた子供の影響として、

・(両親間の)身体的DVを目撃した場合よりも、言葉による暴力を見聞きした時の方が脳へのダメージが大きかった

・言葉によるマルトリートメント(不適切な養育)を受けた人は、脳の聴覚野に影響を受ける

※『子どもの脳を傷つける親たち』友田明美 / NHK出版 / 2017年より。()内はヤコー加筆

といったことを挙げています。

そうなんです。
「たかが暴言、罵声」で済まないんです。

心理的虐待の本当の問題

さて、先ほどのツイートの中に例として挙げた

「お前なんか生むんじゃなかった」
「いらない」

といった言葉は、子どもの存在そのものを否定する言葉です。

また、

「かわいくない」
「バカだ」

といった言葉は、子供の自尊心を損ない、傷付ける言葉です。

そして、「可愛くない私は」「バカなぼくは」

「生きる価値が無い」

と子供は解釈するのです。

このように、親から存在を否定されるということは、子供にとってこれ以上ないくらい怖いことです。
子どもは親の庇護がないと生きることができません。

だからこそ、親から自分の存在を否定される、ということは本能的に怖いのです。

そして、こういった言葉を何度も何度も浴びせかけられると、「自分は存在してはいけないのかもしれない」という恐怖がトラウマとなって脳や体に刻み込まれるのです。

心理的虐待の及ぼす影響

このように「自分は存在してはいけないかもしれない」と自分に対して思うようになると、人は強い自己否定の気持ちを抱くようになります。

そして、目の前の人に親を投影し、

「この人も自分を否定するに違いない」

と怯え、相手の機嫌を損ねないように、相手の顔色を見て行動するようになります。

そして、相手からネガティブな反応が返ってくると

「やっぱり自分はいらない人間なんだ」「自分はダメな人間だ」

と自己否定を強めていくのです。
たとえ相手が本人の人格を否定するような言動をしていなくてもです。

つまり、自分で自分に「私はいらない人間だ」「私はダメ人間だ」と言い聞かせることを続けて、目の前の相手にそれを実証してもらう、ということを繰り返してしまうのです。

このループから抜け出すには

では、一度刻まれたトラウマは一生負い続けなければいけないのか?と暗澹たる気持ちになる方もいらっしゃるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。

幼少期に受けた傷を適切に癒し、「ありのままの自分でいいんだ」というスタンスで生きられるようになった時、人は縛られていたトラウマから解放され、

「やっぱり私なんていない方がいいんだ」

と思うことが減っていき、気が付いた時にはそんな口癖・思い癖を繰り返すことがなくなっていくんです。

そのためには、「自分はダメだ」と思っていることで得ているメリットを手放す必要があります。

自己否定するメリットなんてない、と思う方も多いかもしれませんが、これまでの過去のコラムでセラピストたちが書いているように

・自己否定していれば、居場所が得られる
・自己否定していれば、関わってもらえる
・自己否定していれば、攻撃されないですむ
・自己否定していれば、責任を取らなくていい
・自己否定していれば、他人のせいにできる

など、メリットが山盛りなんです。

自己否定をやめて「ありのままの自分でいいんだ」と思えるようになると、本当~~~に楽ですよ。
深く息を吸うことができます。
四六時中感じていた緊張感から解放されます。
自分の存在価値を他人の反応で決めることが無くなり、自分主体で生きることができます。

でも、そのためには上にあげたメリットを手放さなければ人生は変わらないんです。

あなたはどちらの人生を歩みたいですか?

まずは、電話カウンセリングで、あなたの心の中で何が起こっているのか整理すうことから始めてみることをお勧めします。

協会推薦心理セラピスト【神奈川県】ヤコーヒロコ

神奈川県横浜市
【対面セッション】男性・女性受付可

HP:https://yakohiroko.com/

>> ヤコーヒロコさんの詳細を見る