私、嫌われているかも。とすぐに思ってしまう心理と解決策

みなさん、こんにちは!東京で活動しています心理セラピストのかとうようこです。
ゴールデンウィークですね。みなさん、いかがお過ごしですか?4月から環境が変わり疲れが出ている方もいるのでは?美味しいものを食べてゆっくり身体を休めてエネルギーチャージしてくださいね。

さて、今回のテーマ、【私、嫌われているかも。それ事実ですか?】についてお話します。

人は目の前で起きていることに対して、感じることがありますよね。

〇挨拶したのに挨拶を返してくれない。きっと私のことが嫌いなんだわ。
〇あの人達、私の方を見て話している。きっと私の悪口を言っているんだわ。
〇あの人、私とよく目が合う。きっと私のことを監視しているんだわ。

人は目の前で起きていることを自分のフィルターを通して見ています。だから目の前で起きていることで感じていることは人それぞれ。例えば先程の例で、挨拶したのに挨拶を返してくれないという状況に対して、

・きっと私のこと嫌いなんだわ。

と感じる人もいれば、

・何か考え事しているのかな?
・挨拶に気づかなかったかな?もう一度声をかけてみよう!

と感じる人もいます。

「きっと私のこと嫌いなんだわ。」と感じて、その後相手に話しかけにくくなることはありませんか?
そうするとその微妙な変化を相手が察知して、
「えっ?私、距離を置かれているの?嫌われているの?何かした?」
となってしまい、相手からも距離を置かれてしまうことがありますよね。

それを更に自分が察知して
「やっぱり嫌われているんだ」と感じてしまいますよね。

けれど、最初の場面で挨拶をしたのに返してくれなかった時、相手は自分に挨拶をされたと気づいていなかったかもしれないし、
考え事をしていて挨拶に気づかなかったのかもしれない。
相手に確認をしないと事実はわかりません。

この感じ方、あなたのフィルターはあなたの前提が影響しています。

〇私は嫌われる存在だ
〇私は迷惑な存在だ

例えばそのような前提を持っていると、周りで起きる様々な出来事からその前提に合うようなことを探し出して、
【私は嫌われているんだ】
【迷惑なんだ】
という意味づけをしていきます。ショックですよね。

私もこれを知った時ショックでしたよ。

それなら、 

前提を変えればいいんだ!!って思うでしょ?
前提はそんなに簡単には変わりません。なぜならその前提を握りしめているのは自分だから。
信じられないですよね。
私もそうでした。

この前提を握りしめているのには理由があります。
メリットがあるんです。

例えば、

〇人から嫌われている、迷惑と思われていると初めから思っていれば、本当にそうなった時のダメージが少ない。「あぁ、やっぱりね」と思える。

〇この前提を持っていれば人と深く関わらずにすむ。そうすることで傷つかずにすむ。

〇あの人は私のことが嫌いなんだと相手に意識を向けることで、自分に意識が向かずにすむ。そうすることで自分の痛いところや見たくないところに触れずにすむ。

〇嫌われないようにいい人を演じることで嫌われるリスクを少なくできるし、嫌われても、ここが悪かったから次はこうしようと上辺の行動レベルで改善をし、本来の自分はそもそも見せていないから傷つかない。

など、その他にも様々なメリットがあるのですが、このメリットを握りしめて今の前提を選んでいます。
そのため前提を変えるというよりも新しい前提を得るためにこのメリットを手放し

・自分がどう生きていきたいか?
・どう人と関わっていきたいか?

を考えていくことが大切なんです。

メリットの下には恐怖が潜んでいます。
幼い頃からこの恐怖に触れないように生きてきています。
そして怒りや深い悲しみ。それを感じないように触れないように生きてきました。ここに触れると生きていけないと感じているから。

その恐怖を心理セラピーセッションなど安心できる環境で取り扱い、感じて受け止めてもらうことであなたの中で少しずつ安心が育っていきます。

けれどそれは同時に今得ているメリットを手放すことにも繋がります。
そのため今の生き方で得ているメリットを知り、メリットを手放したいか?
手放してどうなりたいか?
どう生きていきたいか?

自分で考えることが大切なんです。
だって自分の人生だから。

自分の中に安心が育ってくると行動が変わってきます。
自分から安心を求める行動が出来るようになり、自分で信じたい人や信じたくない人を選ぶことも出来、自分を信じて行動できるようになっていきます。

もちろん、昔からの慣れ親しんだ感覚がやってくることもありますが、そう感じていることも認めて、そう感じていた頃の自分を癒していくことで更に安心が育っていきます。
こうやって自分で自分の中に安心を育てていくことが出来ます。

どんな私もここにいていい

この感覚が育つことで気がついたら周りに対する感じ方が変わってきますよ!

感じていることに対して、目の前で起きていることに自分はどう感じてどのように意味づけしているのか?を言語化して、それは事実なのか?ということを自分の中で確認してみてくださいね。

そしてもし事実ではないけれどネガティブに感じてしまう場合、ネガティブに感じる自分を責めるのではなく、そう感じているんだねとそのまま感情を受け入れてあげて下さいね。
そう感じることで自分を守っているのだから。

あなたの中で何が起きているのか?
どうして今の生き方を選んでいるのか?
どんなメリットがあるのか?
どんな恐怖に触れないようにしているのか?

など自分の内側で何が起きているのか見ていくことはお悩みの解決へと繋がっていきます。けれど自分で見ていくことは難しいと思います。
よかったら電話カウンセリングをご利用くださいね。

コラム担当者の紹介:協会推薦セラピスト 

【東京都】かとう ようこ

ブログ:https://ameblo.jp/leaf8happy

>> かとう ようこさんの詳細を見る