子育てが辛い、頑張りすぎて疲れているお母さんへ

こんにちは。 大阪の心理セラピスト 喜多村純子です。
 
コロナの自粛の影響で短くなった夏休みが いよいよ始まりますね・・・
子供の長期休み、、
 
「はー、毎日子供のご飯を三食作らなくちゃ!」
「毎日毎日、子供と一緒にいなくちゃいけない・・・」
 
夏休みなんてウンザリ!
と言うお母さんはいませんか?
 
分かりますよ、分かりますよ!(;´Д`) 私もずっとそうだったからw
 
特に子供が小さい頃は夏休みや冬休みって地獄でした。。
 
毎日、ずーーーーっと子供と一緒にいなくちゃいけない
連れて歩くのもしんどいし、
かと言って放っておく訳にもいかず
いつも息が詰まりそうな気持ちになっていました。
 
もし、あなたがそんな気持ちに心当たりがあるなら
あなたはもしかしたら、こんな人じゃないでしょうか。
 
 
・ちゃんとしないといけないが強い (ちゃんと家事をしないといけない) (ちゃんと子育てしないといけない)
 
・手を抜けない
 
・人に頼れない
 
・人に甘えられない
 
・人に助けてが言えない
 
・人付き合いが苦手
 
・集団行動が苦手
 
いかがでしょうか?
 
真面目で頑張りやで何でもちゃんとしないといけない、と 思っている人は手を抜く事や緩めることがとても苦手です。
 
そして、人は自分をジャッジし否定し批判する存在だと 感じている事も多いのです。
 
だから
 
・ダメな自分を見せたら嫌われる
 
・ダメな自分を見せたら責められる
 
・ダメな自分には居場所がない
 
・弱い自分は見捨てられる
 
そんな感覚を持っていることが多いのです。
 
だから、
 
苦しくても大変でも 人に頼ることが出来ないし
出来ない自分を許すことも出来ず 自分を追い詰めてしまいがちなんですね。。
 
また、単純に幼児期の子育てって大変ですよね。
食事の世話から着替えの手伝いからお風呂のお世話・・
公園に遊びに連れて行って寝かせつけまで・・
1日息付く暇もない忙しさです(;’∀’)
 
でも頑張り屋のあなたは どうしても手を抜けない。。
 
どんなにしんどくても疲れていても
『もう無理』と力を緩めることができない。
 
夫に甘えることも
弱音を吐ける友達もいない・・・
 
そんな中で子供は自由に自己表現をしてくるのです。
 
お腹すいたー
 
遊んでーー
 
こっち見てーー
 
絵本読んでーー
 
一緒に寝てーー
 
 
そりゃ、イライラするのは当たり前です。
 
だってお母さんだって人間ですから。
 
すでにお母さん自身がいっぱいいっぱいだからです。
 
だからつい、感情的になって 子供に怒りをぶつけてしまったり
子供にあっち行って!って言ってしまったり
そしてまた、そんな自分を責めるの悪循環。
 
頑張り屋さんのお母さんたちに起こりやすい 負のループです。
 
こうした悪循環をどこかで断つには
不安でいっぱいになっている
お母さん自身の心を安心に変えることが必要です。
 
辛さや苛立ちを子供にぶつけていると
お母さんが生きづらさを感じている問題を
目の前の小さなあなたの子供に 引き継いでしまうことになるからです。
 
あなたはそれを望んでいるでしょうか。
 
きっと、そんなことは望んでいないのではないでしょうか。
 
もしも、この記事を読んでくれているあなたが
この悪循環を解決したいと思っているなら
まずは、頑張りすぎている自分のことを
しっかり受け止め癒してあげる事が必要です。
 
 
人に頼れず甘えられず
頑張り続けることでしか自分を生かせない
頑張り続けていないと自分を感じられない
ちゃんとしている自分でいないと 自分の居場所を作れない
 
そんなお母さん達自身の心の苦しみを
まずは解決してあげることが先決なんです。
 
子育てが苦しい
いつもイライラが止まらない
そんな自分をいつも責めてしまう
子供と一緒にいるのが苦痛でたまらない
 
そんな自分をダメなお母さんだと責める必要はありません。
 
それよりも、それだけ頑張っていないと居場所がなかった
誰にもその気持ちを受け止めてもらえなかった
お母さん自身の過去を癒してあげて欲しいのです。
 
リトリーブサイコセラピーでは
クライアントさんの幼少期の親子関係に遡り
幼い頃に感じていたけど我慢してきた 感情を丁寧に扱っていきます。
 
なぜなら、
 
人は孤独や恐怖の中では 安心して心を成長させていくことが出来ないから。
成長する事よりも今を守ることで 脳が精一杯になってしまうからです。
 
逆に、人は安心感が体に入ると必ず心が成長を始めます。
 
回復したい欲求が出てくるようになるからです。
人はいつからでも変われます。
いつからでも人生は変えていけます。
 
 
ちなみに余談ですが(笑)、
私は子供が小さい頃、
めちゃくちゃ怖い鬼のような母親だったんです笑
 
でも、今は子供にイライラすることがあっても 自分に問い直し、
イライラを子供にぶつける事が なくなりました。
 
子供たちは、母ちゃんはリトリーブで 変わったなぁといつも言っています(笑)
 
だから、子育てイライラ問題はちゃんと解決出来ますから。
 
安心して専門家を頼ってみてくださいね。
 
まずは電話カウンセリングなどで
問題点がどこにあるか?整理してみるだけでも 随分、心が軽くなると思いますよ。
 
 
日本中のお母さん達が楽しい子育てを
していけるように応援していますヽ(^o^)丿

コラム担当者の紹介:公認心理セラピスト 喜多村 純子

【得意分野】
・心理セラピー
・亡くなった人との喪失体験(自死・死別)
・抑うつ、自己否定が強いなど

>>喜多村純子さんの詳細を見る