人の顔色が気になるのをやめられないのは?

みなさん、こんにちは。

心理セラピストのかとうようこです。

梅の花が咲き始めましたね。

日も段々と長くなってきて、春が近づいているのを感じています。

春は新しく人が入ってきたり、異動して新しい部署へ移ったりと、

新しい人との出会いが多い季節だなぁと感じる方もいるのではないでしょうか?

今回は人の顔色を気にしてしまう方に向けて

コラムを書いていきたいと思います。

あなたは人の顔色を気にしますか?

人の顔色を気にしてしまい、

〇言いたいことが言えない

〇相手のことばかり考えて行動してしまう

〇人と会うとかなり疲れてしまう

〇相手に不快感を与えないよう笑顔が崩せない

〇相手の顔色や態度で自分をジャッジしてしまう

〇感じている思いや感情を抑えてしまう

というようなことはありませんか?

相手のことを信用して、自分の思いや感情を素直に伝えていきたい。そう思っていてもつい顔色を気にしてしまう。それには理由があります。

人の顔色を伺うことで、相手の下に入ることで、相手から嫌われずに、攻撃されずにすむ。居場所を得られて、心が傷つかずにまやかしの安心を得られるというメリットがあるから。

人の顔色を伺うということは、

〇自分の価値が相手次第。

〇相手に意識が向いていて自分に意識が向いていないので、自分のことがわからなくなってしまいます。また自分の思いや感情を抑えているので、私のことをわかってくれないという怒りが湧いてきて、それを子供や弱い者へ、又は自分自身へ向けてしまいます。

〇自分のことも相手のことも信用出来ていない状態です。

人と心から信頼して繋がれない、自分のことがわからない、この状態って辛いですよね。この状態が続いていくと、更に人が怖くなって人と関われなくなるかもしれません。

解決するためには人の顔色を気にしてしまう、その根本にある原因を知り、それを解決していくことが必要です。

悩みに大きい小さいなどありません。

まずはあなたのお悩みのどこからきているのか、根本原因を知ることが大切です。

電話カウンセリングであなたのお悩みを整理していきませんか?

お気軽にご利用くださいね。

心理セラピスト かとうようこ

こんな方へのセラピーを得意としています。

  • 言いたい事が言えずについ我慢してしまう方
  • 意見を求められると緊張して、頭が真っ白になってしまう方
  • 人が怖い方
  • 自分のことがよくわからない方
  • 自分が進みたい方向へ行こうとすると苦しくなる方
  • 生きることがしんどいと感じている方
  • 自分をつい責めてしまう方
  • 何となくいつも不安を感じている方