向上心の落とし穴に気を付けて

こんにちは
協会の推薦セラピスト、にむらけいこです。

私は名古屋で心理セラピーを行っていて
クライアントの方も名古屋やその近郊にお住いの方が多いんです。
みなさんは名古屋にどんなイメージをお持ちですか?

10
年以上(?)前になりますが
「名古屋嬢」と言われる巻き髪、キレイ系の女性が注目されましたね。

それ以外にも結婚式が豪華、など
どちらかというと派手なイメージがあるかもしれません。

見た目を華やかにし、立派に見せることを重要視する風土なのかもしれません。

それゆえなのか
私を含め、セラピーを受けに来られる方の悩みに特徴があります

例えば

「もっと上手に踊って評価を上げたい」

「緊張せずにみんなの前ではなしが

出来るようになりたい」

「失敗しないように実力を出せるようになりたい」


「上司の前でオドオドしないようになりたい」

などです。
一見、向上心があって前向きな悩みのように聞こえますね。

でも、よくよくお話を聞いてみると

・自分が上手く踊れず、他の人が評価されると
すごく落ち込むからいやだ

・緊張して声が震えるのを人に気付かれて
バカにされるのがいやだ

・失敗したら人からなんて言われるか、怖い

・オドオドしているとさらに怒られて
もっと自信が無くなって辛い


というように恐怖や辛さから
逃れるための向上心
ということがわかります。


その恐怖や怖さから逃げるために
素晴らしい自分になりたい、という結構後ろ向きな悩みだったりします。

華やかで立派なようにみられることに
重きを置いているからこそ
人からの評価や、人からバカにされることに
敏感なのかもしれません。

「だめな自分は人からみとめられない、愛されない。」

という思いが強い、とも言えます。

その思いが強いまま、
上手に踊れるようになったり、
上手に話せるようになったり
失敗しないようになったら
どうなると思いますか?


もっともっと失敗が怖くなります

そしてずっと恐怖から逃れるための
努力をし続けることになるんです


結構しんどいですよね。

本当の解決は

「どんな自分でも自分の価値は変わらない」

と思えるようになることです。


電話カウンセリングでは
あなたの悩みや問題の
根本理由や解決した先に
どうなりたいかを一緒に
考えていきます。

あなたの抱えている悩み、問題の本当の解決のために電話カウンセリングを利用してみませんか?

心理セラピスト 二村恵子

人に必要とされることが必要で看護師となったがどんなに努力しても自分を認めることが出来ず、「まだ足りない」と足りない部分を埋めるように生きていた。
努力で仕事や友人関係はうまくいっていたが恋愛は努力してもうまくいかず、35歳の時失恋を機に、強迫性障害になる。
そんな時にリトリーブサイコセラピーと出会い、今までの悩みがすべて繋がっていることを知り衝撃を受ける。そこから心理の学びを深めていった。

現在は名古屋市内でリトリーブサイコセラピーを提供している。