表面上の問題を解決しても、本当の解決にならないわけ

こんにちは。

心理セラピーであなたの生き辛さを軽くする
心理セラピスト・ヤコーヒロコです。
あなたは今、どんなことに悩んでいますか?
その悩みを解決するためには、どんなことが必要でしょうか?


人によって抱えているお悩みはさまざまです。
そのお悩みを解消するために「もっとこうなれればいいのに」
と自分のことを不甲斐なく思ってしまう方も多くいます。

たとえばこんなケース。
会社員のA子さん(30代女性)はこんなお悩みを持っていました。
上司が嫌でたまらない。転職したいけど、転職活動をするのが不安
そして、こう思っていました。
転職活動に不安を持たないような、強い自分になれればいいのに

でも、実際にお悩みの内容を詳しく聞いていくと、実はこんなことがわかったのです。

●上司の指示でよくわからないことがあったが、怖くて聞けなかった
●指示内容を曖昧に理解した状態で作った資料が、上司の求めているものではなかった
●同じようなことが何回かあり、上司が怒った
●上司に怒られ、「もうここにはいられない」と思った
そして
●過去にも同じようなタイプの上司とうまくいかず、転職を重ねてきた

こういった場合、実は「転職できるように強くなる」ということが解決にはなりません。
もし、転職活動を問題なくできるような精神状態になれたとしても、
同じようなタイプの上司と出会う度に会社を辞めて次を探す、
ということを繰り返し続けることになります。

この場合、大事なのは

●なぜ上司に委縮してしまうのか
●なぜ「わからない」と言えないのか
●なぜ怒られたら「この職場を去らなければ」と思ってしまうのか

と言う部分に焦点を当て、
それぞれの場面でA子さんの心の中で何が起きていたのか?
を掘り下げてお聞きし

●目上の人に過度に委縮せずにいられる状態
●わからないことは「わからない」と言える状態
●怒られても、居場所はなくならない、と思える状態

になることが、本当の問題解決だったりするんですね。

このように、お悩みの本質や解決が、自分では思いもよらないことだったり、
自分自身では気付かない 部分であったりすることが実はとても多いのです。

場合によっては、お悩み自体がいろいろな事情が絡まって、
何をどうすればいいかわからない、という状況の方もいらっしゃるかもしれませんね。

心のお悩みを抱えているとき、人は八方ふさがりのような心境になりやすいものです。
そんな時は、ぜひ電話カウンセリングをご利用ください。 ご相談お待ちしていますね。

心理セラピスト ヤコーヒロコ

東京・神奈川を中心に活動している心理セラピスト・ヤコーヒロコです。
自分では理由がわからない、説明がつかないしんどさや、繰り返してしまう人間関係のお悩みはありませんか?
私自身、母親との共依存に悩み、人生に行き詰まりを感じたことがきっかけでリトリーブサイコセラピーの世界に入り、「生きづらさを軽くする・自分の人生を歩む」お手伝いをしています。

ホームページ:生きづらさを軽くするセラピー https://yakohiroko.com/