「わけが分かる」と生きやすくなる

こんにちはー!
こころの応援団長こと、心理セラピストの阿部幸愛(あべさちえ)です!
どうぞよろしくお願いいたします。

今回コラムを担当させて頂くにあたって、「さて何を書こうか…」と随分悩みました(笑)で、自分が心のケアを始める前、何が苦しかったかなぁと思い出してたんですよ。

過去のトラウマ、母親との共依存、病気、離婚、子育て、対人関係…などなど
悩みの種は山のようにありました。でも、胸を突き刺すような痛みや空虚感、
イライラ、落ち込み、突然あふれる涙、

「生きているだけでしんどい」

この不快な感覚や感情に、なぜ自分が振り回されてしまうのか、
当時はわけがわけが分からず、それがとても苦しかったんですよね。

「わけが分からない」という状態は、暗闇の中をひとりぼっちで歩くような孤独感や混乱、恐怖を生み出します。

暗くて何も見えないから、出口があるのかどうかも、そもそも自分がどこにいるのかもわからない。

何かにぶつかったような気もするけど、それが何かもわからない。
ぶつかったところがジンジンと痛むけど、それでも立ち止ってはいられない焦燥感。

生きづらさを抱えている人の多くは、恐らくこの状態だと思います。

では、どうやったら“しんどい”から抜け出し、幸せな人生を生きられるのか?といったら、
最初の一歩は暗闇に光を当てることです。

ここで言う「光」とは「理解」のこと。

誰に、何に、イライラしたり腹が立つんだろう?
いつから、この胸の痛みを感じているんだろう?
溢れる涙は自分に何を伝えているんだろう?

暗闇になっている自分の一部に、理解という光を当てて、

「あー私って今こういう状態なんだ」
「そっかぁ、だからこんなに苦しいのか」

こんな風に自己理解できるようになると、それだけでもだいぶ心は落ち着きます。
光が当たってみたら、壁や石ころや、目を覆いたくなるようなものが色々と見えてくることもあります。

でも、わけも分からずぶつかっていた壁が、ここに壁がある!と分かれば、
避けることも、壊すことも、自分の意志で選べるようになりますよね。

まずは自分を知り理解することが、本来の自分を取り戻し、幸せな人生を送る為の第一歩です!

電話カウンセリングでは、セラピストが暗闇に光を灯す作業を手伝わせて頂きます。
どんなお悩みでも構いませんので、どうぞお気軽にご利用ください。

心理セラピスト 阿部 幸愛

こんにちは!宮城県仙台市で活動している、心理セラピストの阿部幸愛(あべさちえ)です。子育てがツラい、何がしたいのか分からない、対人恐怖、摂食障害など、子育てや対人関係、依存行為などで悩んでいる方の「悩みの根っこ」を探し出し、人が本来持っている「生きる力」を取り戻し、幸せな人生を生きるサポートをさせて頂いています。
ブログ:こころのねっこ http://ameblo.jp/livelovelaugh1979/