自分のために「相談」できていますか?

こんにちは。福満です。
協会の公認心理セラピストとして大阪で活動してます。

電話カウンセリングも担当しておりますよ。さて、今日は「相談」について。

あなたが例えば「人間関係の悩み」がある時。誰かに相談することはできますか?それは誰にでしょうか?
そしていざ相談しようとする時どんな事を考えますか?

・こんな事は自分で考えるべきだろう
・これは言っても仕方ないから相談しても困るよね
・こんな事言ったら嫌われる
・こんな事言ったらバカにされる
・この相談をAさんだけにしたらBさんが嫌な思いをするからBさんにも報告しとかなきゃ
・相談しとかないと後で怒られる
・あの人に言っても仕方ないけど、別のあの人なら答えをくれるかも、、

そんな気持ちが心の中にありませんか?私はありましたよー。

相談しようとすると
色々悩みが増えるような、、
そもそも相談するかどうかを相談したくなるような。

そして面倒くさくなっちゃって
結局自分でなんとかしてしまう。
なんとか対処してしまう。
そんな事を繰り返していませんか?

そして今まで何とかなってきたからこそ、ますます人に相談する事が億劫になっていく、、、、。

こんな風に相談するかどうか悩んじゃう人は先ほどの例のように、

こんな事を相談したらどうなるんだろう。。。
どう思われるんだろう。。

そんな「人に対する恐怖」がある場合が多いんです。
恐怖があると自分の本心、
しかも悩んでる弱いところを出していくのは難しいですよね。

「自分の悩み」なのにいつのまにか「相談した相手の反応」が気になりだすのも実は「人に対する恐怖」があるからですね。

相談できたとしても意識は外側、自分ではない誰かに向いていて、これでは解決に向かいません。
結局「自分の問題」は自分の中にくすぶり続けてしまいます。

こんな「相談が苦手!」な人にこそ、電話カウンセリングはお勧めなんです。

私たちリトリーブサイコセラピーの心理セラピストは、

あなたがあなたの悩みの解決に向かうためのサポート。
あなたがあなたの本当の問題に気付くためのサポート。

それに徹する訓練を繰り返しています。

どんなお悩みも、気にせずに、
私たちの反応も、気にせずに、
ただただ自分に集中する1時間。

「自分の今と未来の幸せのために」
「自分自身の問題解決のために」

「本気で自分の為にする心の相談」をぜひ体験して下さいね。

心理セラピスト 福満多岐子

【得意分野】
・職場、恋愛、家庭が「しんどい」生きづらさを抱えた人
・「わかってもらえない」「自分は欠けている」自己否定を抱えた人
・不安や葛藤、苛々を感じながら「一人で頑張ってしまう」拗らせ女子。。そんな悩みを抱えた人への心理セラピーに力を入れています。