電話カウンセリングの3つの効果

こんにちは!
協会公認&電話カウンセリングセラピストの待鳥智美です。

悩んでいるとき、問題にぶつかっているとき、アレコレと考えすぎて、グルグル・モヤモヤしてしまうことが多いですね。

悩みがあるけど、電話カウンセリングってどうなの?と漠然と不安を感じて、相談できずにいる方もいることと思います。

 

そこで、私が感じている電話カウンセリングの3つの効果についてお話しますね。

3つの効果とはこれ↓です。
1.話して吐き出してスッキリ!
2.共感してもらって安心!
3.問題整理でき、解決方向が見える希望!

どういうことかを一つずつ見ていきましょう。
まず、1.話して吐き出してスッキリ!
自分の心の中でグルグル・モヤモヤしていることを、言葉にして吐き出すことは
とてもスッキリします。カタルシス(排出)効果とも言われています。

2.共感してもらって安心!
悩んでいると、暗い一人の世界に閉じこもりがちになりますが、自分の話に耳を傾けてもらい、
気持ちに寄り添ってもらうことで、一人じゃないという安心感を感じられます。

そして、3.問題整理でき、解決方向が見える希望!
これが、リトリーブサイコセラピーの電話カウンセリングの一番の特徴かと思います。
話を聞くだけにとどまらず、また、一方的なアドバイスをすることもありません。
質問に答えていただきながら、問題を整理し、悩みの根本の問題を見つけることで解決への道筋が見えてきます。
自分の悩みがどこから来るのかわからない、どうしたらいいのかわからないということが解消されます。

今回は、大きく3つにまとめましたが、クライアントさんそれぞれに効果を感じていただいています。

Y.Yさん
電話でカウンセリングを受けてみて、問題点が明らかになり、それだけでも客観的に見れて、ほっとした自分がいました。
これから、セッションをして、もっと楽に上司や人間関係が築ければなあと思いました。カウンセリングをした後でも、どっと疲れて眠くなってしまいその後ぐっすり寝てしまいました。

 

A.Kさん
かなり早い段階で涙が出始めてしまったのですが、落ち着かせてくださる話し方で焦らずにすみました。
自分で自覚のある問題でも、自問自答するのとセラピストの方と対話の中で表現するのでは感じ方が違いました。

 

練習を積んだ電話カウンセリングセラピスト達が、丁寧にお話を伺います。
1回60分、受けていただきやすいお値段設定になっています。
お気軽にお申し込みくださいね。


心理セラピスト 待鳥智美

子育てに苦しさを感じたことをきっかけに、心理セラピーを学び始める。現在は福岡県北九州を拠点に活動。子育て、人間関係、摂食障害、不安症などの悩みや生きづらさ解消サポーター。今の悩みにつながる幼少期の愛着問題や共依存など親子問題を扱うことを得意としている。