【東京】公認心理セラピストオープンセッション ご報告

東京にて公認心理セラピストオープンセッションを開催しました!

2018年11月23(祝)公認心理セラピストによる1DAYセミナー&オープンセッションを開催いたしました。

全国から28名の方にお集まりいただきましたが、男性も多く、夫婦参加の方も2組いらしていただきました。ご参加のみなさん、本当にありがとうございました!

今回は東京のセラピスト木村貴子と四国.高松のセラピスト松村万裕美のペアで、「笑いいっぱいの体感型セミナー」になりました。

今回のテーマは、 「わたし、もらいやすいんです!~それほんとう?」 と題しまして、参加していただいた方のお悩み、「生き辛さや不自由さ」というものを視覚化したり、原因を腑に落としていただくことを中心にした内容となりました。

木村も松村も、幼少期からいわゆる『敏感体質』。

木村はいわば、最近話題のHPS(ハイリーセンシティブパーソン)チェックにすべてチェックがつくほど、幼少期は敏感で刺激に弱く、家に引きこもりたい衝動といつも戦いながら生きてきたという経緯があり、毎日が心と体が分離している状態を過ごしてきました。

松村は目に見えないものに敏感で、自分を明け渡した状態であったために、心霊現象に悩まされる幼少期を過ごしてきました。

なぜ、敏感体質になってしまったのか?
先天性の場合は特性なので変えられませんが、後天性の場合は、理由があるので、そこを癒してゆくことができれば変わる可能性があるのです。

このようなふたりが、心理セラピーでその「敏感さゆえの生き辛さが回復した経緯」をお話させていただきました。

お話のあとは、実際にみなさんに、今、ご自身の生き辛さやもらいやすさチェックシートにチェックしていただきましたが、みなさん、だいぶ「もらいやすい方」のようでしたね~

そのあと、いよいよ「どうしてわたしはもらいやすいの原因を探るワーク」をしていただきました。感情が溢れてきた方がたくさんいらっしゃって、気づきも深かったようです。

そして、「心理セラピーは初めて!」という初心者さんのために、「どのような工程で生き辛さを回復させてゆくのか?」を、松村のオープンセッションを見て、理解を深めていただきました。

オープンセッションは男性の方に出ていただきました。
現在お悩みの内容も、共感する方がたくさんいらっしゃったようです。
そして、セッション後には「辛かった感覚が安心感に変化している様子」を目の当たりにされたようでした。

セッションのあとは、質疑応答でみなさんの疑問質問に答えさせていただきました。

参加されたみなさんはとても真剣に聞いてくださり、ワークもとても熱心にされていましたし、オープンセッションも興味深く見入っていらっしゃいましたので、心理セラピーへの関心がとても高まっているのだなぁと感じました。

たくさんのご感想をいただきました

日吉マリコさま
オープンセッションがとてもわかりやすかったです。
今困っていることが幼少期の親とのどんな関係から来ているのかが映像を見ているようによくわかりました。
恐怖を安心感に変えると生きづらさが薄くなるというのがクライアントさんの表情を見ているだけでわかりました。
セッション前とセッション後では別人のように明るい表情になっていて、本当によかったなと思いました。

藤本雄介さま
オープンセッションを見させてもらって自分の家族と同じ部分があり、気持ち悪くなる部分もありました。あと無境界になるところもあり、頭痛もおきましたが、結果第三者として見ることができたので、今後の生活で何を求めて生活をしていけば良いのかヒントが得られた様な気がする。

M.Kさま
泣きすぎて疲れましたがあっという間の時間でした。
アシスタントの方のサポートが嬉しかったです。
苦しいモヤモヤには必ず原因があるんですね。
一番深いところ(自分では気づいていない)の問題も解決できるんだ!と感じました。

M.Uさま
オープンセッションで自分に当てはまることがたくさんありすぎてびっくりしました。境界線が引けてないのかもしれませんが自分のことのようにさびしさや怒りを感じてすっきりしてしまいました。
自分の気持ちに正直になりまずは自分で受け止めようと思いました。

A.Hさま
普段抑圧している感情やら何やらをたくさん味わえました。とても疲れましたが、それに気づけたのでよかったと思います。自分がいかに感情を押さえ込んでいるかということに気づかされました。

M.Kさま
心の問題、特に子どものころの心の問題は本人が自覚できていないからこそ、根が深いのだと気づくことができました。
気づきを重ねることでヒトとして成長できる(大切なものを取り戻せる?)と感じましたので、また機会がありましたら受講したいと思います。

Y.Nさま
海外在住です。ずっと一人で悩んでいましたが、今日勇気を出して参加させていただき「同じように悩んでいるのは一人じゃないんだ」と勇気をもらいました。
自分の生き辛さの原因が明確になっただけでも、わけのわからない不安に悩まされずに済むと思います。
端から見て羨ましがられるような環境に変わっても生き苦しさは減るどころかどんどん増していき、自分の生き辛さの原因をここ4年手探りで探っていましたが、今回のセミナーの内容はそんな私の悩みにまさにドンピシャの内容で、講師の木村貴子さんもいい方で最後まで安心して参加できました。
ずっと遠く離れた地でひとりで悩んでいたので、やはり生身の人の触れ合いに勝るものはないですね。まずは大鶴和江さんの本から始めてみます。今日はありがとうございました。

A.Hさま
今まではあまり考えたことがなかったが、ポジティブもネガティブも共感してもらえなかったことが人を信じることができない、つながれない、につながっていることがわかった。
ブログだけではわからない、実際にセラピストさんに会うことで雰囲気が分かってすごく良かったです。
セミナーやお茶会などたくさんやってほしいです。リトリーブの考え方に触れる機会がもっとあったらいいなーと思います。

Y.Kさま
人の感情をもらいやすい人の境界線がどのようになっているのかを見ることで、自分の問題であるというとこが腑に落ちました。とても気になっていたテーマだったのでおもしろかったしメカニズムが分かったことで今まで自分に起こったことの理由が解明できました。
二人の掛け合いも軽快でわかりやすかったです。


ひとつでも気づきを持って帰られ、心理セラピーに希望の光を見出していただけたのであれば、とても嬉しいです。
また来年もみなさんが心理セラピーに触れる機会をたくさん作って参りたいと思います。
ぜひ、楽しみにしていてくださいね!