【名古屋】公認心理セラピストオープンセッション ご報告

久しぶりの名古屋公認心理セラピストオープンセッション開催しました!

2018年9月17日、公認心理セラピストオープンセッションが名古屋で開催されました。
今回は株式会社ユアエクセレンスの社長と秘書コンビ、大鶴和江さん垣内満寿美さんが登壇、オープンセッションを1本ずつ行っています。

今回のテーマは
「ダブルバインドを解除して心の自由を手に入れよう」

「自由に生きよう」とすればするほどうまくいかなくなる、自由になろうとすればするほど苦しくなっていく、そうやって人生が止まってしまうのは何故なのか?

「ダブルバインド」をキーワードに、朝10時より丸一日、参加者のみなさんには心理に触れていただきました。

午前中はダブルバインドについて実例と共に分かりやすく説明。この話を聞くだけで、「自分の今の状態がどういうものなのか、どこからきているのか、腑に落ちた」と仰る参加者の方多数!

そしてその後に続くオープンセッションにより、クライアントになられた方だけではなく、セッションを見ていた方にも大きな気づきがあったようです。

たくさんのご感想をいただきました

畔柳茂樹さま
オープンセッションは迫力があり、プロの魂を感じた。
世の中の悩める人を一人でも多く救ってほしい。

T.Mさま
オープンセッションありがとうございました。
今はまだ、気持ちの整理がまとまっていないので、難しいですが、自分が思った以上に自分が抱えていたことが大きいということが
分かりました。
今日の事を深く考えていきたいと共に、またセッションという形でリトリーブサイコセラピーを受けたいと思います。
貴重な時間をありがとうございました。

K.Yさま
ダブルバインドの形態を理論的に理解することで、自分の日常の中で振り返りにとてもよかったです。
更に、セッションを見ることで理解がより深まりました。お話はとても分かりやすく、時間があっという間でした。

O.Yさま
今まで参加したセミナーで1番良かったです。
ここまでじっくり掘り下げるセッションも初めて見ました。
自分自身、母親との問題を解決したいと思っていますのでセッションの申し込みも考えてみようと思います。
ありがとうございました。

S.Rさま
長い間積み重ねてきた辛い事を乗り越えるのは、難しいのがとてもよく分かりました。
普通のセラピーでは、なかなか深層まで扱ってくれるところはないので、やっぱりスゴイなと思いました。

T.Nさま
ダブルバインドを詳しく学ぶことができました。
二重拘束を抱えている事は、自分の生きることにストップをかけてしまう。いろいろな生きづらさに繋がってしまう。
いくつかのパターンで詳しくお話してくださり、とても分かりやすかったです。
セッション中では、クライアントさんの気づきが多くあったと見て感じました。
参加してとてもよかったです。ありがとうございました。

K.Hさま
お二人のセッションを拝見して、感情が溢れそうになりましたが
自分で止めていることに気づきました。
素直になりたいと思いました。
ちょうど、自分も引っ越しをするので、親との距離を取るのは良い判断だと思いました。

I.Kさま
自分と親との関係が、どうしてそうなっていったのか話の流れがとても分かりやすかったです。
姉ではなく、なぜわたしだったのか?そこがとてもセッションを見てクリアになりました。
来てよかったです。ありがとうございました。
また、名古屋で開催してください。

Aさま
セッションでの1つ1つの態度や言葉をよく見て、聞いて頂いているのがわかり、向き合ってもらえる、良いセッションだと思いました。

Iさま
オープンセッションで、悩みの根っこを深堀する素晴らしさ。
ダブルバインドは強ければ強いほど、利得があるという認識がなかったので、腑に落ちました。
自分がかなり強力なダブルバインドの持ち主だとわかったので、もっと深堀して学びたいと思いました。


ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!